TFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)

このようなお悩みありませんか?

  • 手を着くと痛みが出る
  • 手首を小指側に動かすと痛い
  • 手首を捻ると痛い
  • 力が入りにくい

TFCC損傷とは、手首にある繊維を痛めてしまう怪我です。

  • 三角繊維軟骨
  • 手関節尺側側副靭帯
  • 橈尺靱帯

などを合わせてTFCCと呼びます。

この組織が衝撃を吸収する役割があります。

TFCC損傷の原因

  • 手を強く衝く
  • 手首を捻る動作が多い
  • テニス、野球、ゴルフなどのスポーツをしている
  • 加齢による変形

転倒した際に、手首を捻挫したことにより、TFCCを痛めることやスポーツ動作で手首を捻ることが多いと痛めることがあります。

加齢に伴い、関節周囲の組織が変性することで発症することもあります。

TFCC損傷に対する高崎トリニティ接骨院での施術

高崎トリニティ接骨院では、TFCC損傷の評価として以下のものを行います。

TFCCへの圧痛・・・尺骨茎状突起とTFCCに圧痛がある

TFCCストレステスト・・・手関節を小指側に曲げる(尺屈)し、軸圧を加えて痛みを誘発させる

これらのテストが陽性の場合、TFCC損傷の疑いがあります。

炎症症状が強い場合、超音波治療やハイボルテージ治療などの物理療法がメインになります。

サポーターやテーピングでの固定で患部の安静を保ち炎症を抑えていきます。

また、前腕にある筋肉の緊張を取り除くことで、手関節の負担も減らしていきます。

手関節の小さな骨の動きが悪くなることがあるので、関節のスペースを広げるような施術も行っていきます。

スポーツで痛めてしまった場合、正しく身体の使い方や筋力強化をして再発予防・パフォーマンスアップをしていきます。

TFCC損傷、手首の痛みでお困りの方は高崎トリニティ接骨院にお越しください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス