WEB予約
電話
アクセス
ライン予約
インスタグラム

症例

高崎市在住 30代女性の妊娠中の腰痛

こんにちは!

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、妊娠中に腰の痛みでお悩みの方が来院されたので、症例をご紹介します。

妊娠中の腰痛

患者さんは、妊娠8ヶ月(妊娠後期)で腰に痛みが出てきたため来院されました。

妊娠前まではほとんど腰痛を感じたことはなかったようです。

妊娠後期になり、お腹が大きくなり、身体を動かすことは減ってきているといっていました。

姿勢を見ると、腰椎は過伸展、胸椎は過後弯していました。

妊娠中はそのような姿勢になる方が多く、お腹が大きくなると腰部の脊柱起立筋の筋緊張が強くなってしまい、腰痛を引き起こしてしまいます。

また、腹部にある大腰筋が弱化してしまうので、背部の筋肉が過剰収縮しなければいけない状態になってしまいます。

胸椎の過後弯も腰痛の原因になります。

体幹の筋肉が使えず、姿勢のバランスを取ろうと姿勢不良を起こしてしまうので、それらに対してアプローチしていきました。

マタニティの方への施術

妊娠後期で仰向けは腹部に力が加わり、胎児と患者さん自身に負担がかかってしまうので、横向けで施術をしました。

臀筋群の緊張を取り、骨盤の前傾を行えるようにしました。

腰痛が背骨の横あたりだったので、脊柱起立筋群を筋膜リリースしました。

背部のあたりまで筋膜リリースを行った後に、動きが悪い関節を動かす施術もしました。

患者さん自身では、なかなか動かせない部分も施術では動かせるので、痛みに耐えられない方や長期間の痛みの方は施術を受けてください。

妊娠中でほとんど運動はしていないようなので、自宅でできるエクササイズもお伝えしました。

妊娠中は、特に呼吸を意識するよう指導しています。

呼吸を止めたり、息むような形になるとお腹にストレスを与えてしまいます。

常に忘れずに呼吸をしてもらいます。

妊娠中は様々な身体の不調が出てきます。

痛みに耐えているとストレスが蓄積し、精神的にも辛くなってくるので、マタニティ整体、施術を受けてみてください。

妊娠中のお悩みがありましたら、高崎トリニティ接骨院にお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での施術経験やスポーツトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 高崎市在住20代女性妊娠中の腰の痛み

  2. 高崎市在住 30代女性の妊娠中の腰痛

  3. 高崎市在住男子高校生のハムストリングス肉離れ