症例

高崎市在住30代男性の首の寝違え

高崎市在住30代男性の首の寝違え

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、朝起きたら左側の首の痛みが出た方の症例をご紹介します。

首の寝違え

患者さんは、朝起きた直後から首に痛みがあり、首を動かすと激痛があるため当院へ来院されました。

前日までは、痛みや違和感はなく、日常生活動作を行っていたようです。

首の前屈、後屈、回旋、側屈のすべてに痛みがあり、可動域も低下していました。

特に左方向に首を動かす動作の方が痛みがあり、可動域も右と比べると悪かったです。

頸椎の後屈時に首だけが動いて、胸椎の動きが少なくなっていました。

姿勢を見ると、腰の前弯が消失し、後弯位になっていました。

腰の前弯がなくなると、頸椎の前弯も少なくなるので、首の負担が増加します。

また、左右の肩のラインを見ると左肩の方がやや上がっている傾向でした。

左側の斜角筋、僧帽筋の筋緊張も触診で感じられました。

筋肉の緊張の影響で肩の左右差が出ていると考えられます。

肩から首に走行している筋肉が緊張すると、頸椎の回旋、側屈が生じるため、寝違えが起こることがあります。

首だけの問題ということは少なく、胸椎や腰椎、骨盤など様々な部分からの影響を受けて首の痛みを発症させます。

高崎市在住30代男性の首の寝違え

施術においても、首だけに対してのアプローチではなく、全体を見ての施術を行います。

腰椎の前弯を出し、捻じれを戻す手技から行いました。

首を動かしてもらうと施術前よりも可動が増えていました。

首を施術せずに首の動きが変わったので、患者さんも腰からの影響で痛みが出ているのを理解されていました。

後屈時の胸椎の可動性も低下していたので、胸郭に付着する筋肉のリリースと胸椎伸展を促すように施術も行いました

斜角筋と僧帽筋のリリースをし、肩の緊張を緩和させ、頸椎の捻じれを改善させるようにアプローチしました。

首の治療は、炎症が強かったので、関節の動かしにくい方向には、あまり動かさずに施術しました。

首の炎症が起きている部分には、ハイボルテージ治療を行いました。

ピンポイントの治療ができる機械なので、炎症症状が強い場合にも効果的です。

寝違えの症状を放置しておくと、神経症状が起こる可能性もあります。

痛みが出たら早期に施術を行うことをオススメしています。

寝違えなどの首の痛みでお困りの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

国道17号沿いにあるので、高崎市、前橋市、藤岡市、本庄市、玉村町、安中市など様々な地域の方がご来院されています。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での施術経験やスポーツトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。