症例

高崎市在住男子高校生の腰痛

高崎市在住男子高校生の腰痛

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院の松田です。

今回は、腰痛で来院された患者さんの症例をご紹介いたします。

腰痛

患者さんは部活動で野球をしていて、2週間前から右腰に痛みを感じたようです。

痛みが出てからすぐに鍼治療を受けたようですが、痛みがあまり変化しなかったそうです。

痛みが変わらないので、整形外科でレントゲンやMRIを撮りましたが、腰椎分離症などの器質的疾患はなかったようです。

腰椎後屈やピッチング動作の後期コッキング期に腰痛が出現していました。

痛みの評価をすると、立位で後屈すると痛みがあり、右膝を曲げた状態で後屈すると痛みが出ませんでした。

左膝を曲げての後屈では、腰痛はありませんでした。

後屈の動きを見ると、まっすぐ後屈するのではなく、右側屈しながらの後屈になっていました。

評価の結果から、股関節前面の筋肉が短縮しており、右の腰部の筋肉が過緊張を起こしてしまったと考えました。

腰部の筋肉に鍼治療や湿布などをしても痛みは緩和しますが、スポーツ選手なので不良動作が繰り返され痛みが緩和されなかったと思われます。

野球選手の腰痛に対する施術

最初の治療として、股関節前面を走行している大腰筋リリースを行いました。

リリース後に立位での後屈をしたところ、痛みがほとんど感じなくなっていました。

また、後屈の可動域も良くなっていました。

次に腰部の胸腰筋膜リリースをしました。

痛みの出ている箇所でもあり、腰椎の安定化を促す腹筋群にも影響のある筋膜なので、過緊張を取り除くのは、腰椎対策には重要となります。

2カ所をリリースした後は、腰椎伸展は痛みがなくなっていました。

投球動作は股関節に違和感があり、重心が移動する際に軸足の股関節外旋位が保てなくなっていたので、中殿筋、大腿筋膜張筋の柔軟性を出すような施術を行い可動性を戻しました。

投球動作では軸足は股関節外旋、ステップ脚は股関節内旋動作が要求されるので、動作改善のトレーニングも痛みを取る治療と並行して行っていきます。

今回の野球選手のようにスポーツをしている人は、痛みがなくなるだけでなく、スポーツ時の不良動作も見なくてはいけません。

高崎トリニティ接骨院では、スポーツ選手の競技復帰に強い日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格も取得しているため、スポーツ選手のリハビリもしていきます。

腰痛でお困りの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での施術経験やスポーツトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。