症例

高崎市在住70代女性の腰部脊柱管狭窄症

高崎市在住70代女性の腰部脊柱管狭窄症

こんにちは!

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、お尻から大腿外側にかけての痛みがあった患者さんの症例を紹介します。

脊柱管狭窄症

患者さんは、半年前に整形外科では、「腰部脊柱管狭窄症」と診断され、痛み止めを処方されています。

半年前は、数十メートル歩くと痛みが出てくるような症状(間欠性跛行)でした。

現在は、歩き始めは痛みがあり、歩いていると痛みは徐々に緩和していくようでした。

現在と半年前で痛みの感じが変化していますが、治療内容が変化がないので、痛みが良くなるのか不安があり、知人の紹介で来院しました。

身体の状態を見させてもらうと、胸椎後弯が強くなっていました。

普段は仰向けで寝れず、左側臥位(左側を下にして横向き)でほとんど寝返りができていないようです。

長時間左股関節が圧迫を受けている状態なので、臀部の筋肉や神経の可動性が悪くなってしまいます。

右の股関節付近の筋肉の緊張度と比べると左の方が緊張が強くなっていました。

70代女性の施術

今回の患者さんの改善点とすると、寝返りができるようにすることと、坐骨神経周囲の緊張を取り除くことだと思い、施術を行いました。

最初は仰向けでの施術は痛みが出るので、側臥位で治療をしました。

歩行で股関節伸展が起こらなかったので、股関節前面にある大腰筋をリリースしました。

次に中殿筋リリースも行いました。

どちらの筋肉も歩行時に大きく関わる筋肉で、滑走性が悪いと痛みに繋がります。

仰向けになってもらうと、痛みがなく寝れるようになったので、仰向けでの治療を行いました。

胸椎後弯に関係する広背筋、大胸筋リリースをしました。

治療後に動かしてもらうと、お尻から下の痛みは無くなっていました。

患者さんは脊柱管狭窄症で痛みは変わらないのではと思っていましたが、痛みが変わっていたので、喜びの声をいただきました。

今回の患者さんのように、痛みは変わらないのではと不安になっている方も多いと思います。

高崎トリニティ接骨院では、痛みの原因をカウンセリング、評価で見極め、施術をしていきます。

脊柱管狭窄症、神経痛などでお悩みの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での施術経験やスポーツトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオスパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。