WEB予約
電話
アクセス
ライン予約
インスタグラム

症例

高崎市30代女性の腰痛

高崎市30代女性の腰痛

こんにちは!

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、腰痛の患者さんの症例を紹介いたします。

腰痛

患者さんはくしゃみをした時に腰の中央に痛みを感じ、仕事にも支障が出ていたので、当院に来院されました。

痛みの場所は腰椎L3/4付近にありました。

前屈をするのが、特に痛みがあり、仕事でかがんだり、物を持つことがあり、痛めた後からはなるべく痛みの出る動作はしないようにしていたそうです。

また、腰痛には何度もなっていて数カ月前にもかがんで作業をしていた時にぎっくり腰のようになったようです。

痛みの出ている部分の腰椎が後屈していました。

腰痛に対する施術

股関節の可動域とハムストリングスの柔軟性が低下していたので、殿筋群とハムストリングスのリリースを行いました。

殿筋群とハムストリングスの柔軟性が低下すると骨盤後傾位になり、腰椎も後傾位になってしまうので、骨盤前傾できるようにしました。

今回の患者さんは、ぎっくり腰(腰痛)を繰り返しているとのことだったので、痛みに対しての施術だけでなく、筋力トレーニングや動作指導もやっていく必要があると考えました。

腰痛を起こすとインナーマッスルである、腹横筋の筋力低下が見られます。

腹横筋は、コルセットの役割を担う筋肉で、腹圧を高め、腰椎骨盤の安定性に関与します。

ドローインと呼ばれる腹式呼吸でのトレーニングで腹横筋を鍛えました。

腰の痛みのある時でも、簡単にできるトレーニングなので、初回から腰痛対策としてやっていきます。

施術後は前屈するのが、不安はあるようだったので、物を持つときの姿勢の指導も行いました。

今回の方のように、繰り返し痛めている方や慢性痛がある方は、動作や筋力強化なども行っていくと痛みが改善するので、手技治療+運動療法をしていきます。

腰痛でお悩みの方は、高崎トリニティ接骨院にお任せください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 高崎市在住20代女性妊娠中の腰の痛み

  2. 高崎市在住 30代女性の妊娠中の腰痛

  3. 高崎市在住男子高校生のハムストリングス肉離れ