症例

高崎市在住60代男性の腰痛

高崎市在住60代男性の腰痛

こんにちは!

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、ぎっくり腰でいらした方の症例をご紹介します。

高崎市在住60代男性の急性腰痛

自宅の大掃除で身体をかがめて作業をしていたところ、腰に痛みを感じたため、当院へ来院されました。

来院された際は、腰を伸ばすのと痛みが出るため、身体を前傾させながら歩いていました。

腰の痛みは中心寄りにありました。

前屈、後屈ともに痛みがあり、特に腰を反らすのに痛みがあり、ほとんど伸ばせない状態でした。

急性腰痛に対する施術

今回の患者さんは腰が伸ばせない状態だったので、身体の前面にある筋肉が短縮していました。

股関節前面にある大腰筋が硬くなっていました。

最初は、ベット上に仰向けで寝るのが痛みがありましたが、両側の大腰筋リリースを行ったら、仰向けができるようになりました。

また、大腰筋と同様に呼吸筋である横隔膜のリリースを行い、腰椎の伸展が行えるようにしていきました。

一度、立ってもらうと腰を伸ばすのは痛みがなくなりました。

身体を捻るのは痛みがあったので、腰椎4/5番の関節調整も行いました。

捻る痛みも軽減していました。

疼痛の軽減のためにハイボルテージ治療をしました。

ご自分のコルセットを持っていたので、コルセット着用方法もお伝えしました。

翌日も来院していただきましたが、痛みは寝返りだけでだいぶ良くなったと言っていただきました。

当院では、痛みや痺れに対して、オステオパシー治療を行い患部に負担をかけずに施術をしていきます。

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格を保持しているので、スポーツでの怪我にたいしての施術も得意としています。

急性腰痛でお困りの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオスパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。