症例

高崎市在住30代男性坐骨神経痛

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、坐骨神経痛の患者さんの症例をご紹介します。

坐骨神経痛

患者さんは、2週間前から腰に違和感があり、徐々にお尻からもも裏のあたりに痛みが走るようになったようです。

整形外科に行き、仙腸関節炎と言われ痛み止めを処方され、飲んでいましたが、ほとんど痛みが変わらず来院されました。

患者さんは通勤で1時間以上運転をして、仕事もデスクワークをしていました。

痛みが出る前はウォーキングを1時間前後していたそうです。

評価をしたところ、股関節内旋、外旋ともに硬く、SLRでもも裏に痛みが少し出ました。

立位で前屈した際も痛みがでて、脚を広げると痛みが緩和しました。

仙腸関節のテストを行ったところ、仙腸関節には問題はなく、痛みを出しているのは別の原因があるのではないかと考えられました。

施術

うつ伏せで、股関節内外旋に左右差が見られました。小臀筋と中臀筋をリリースを行ったら、可動域が改善されました。

もも裏の痛みは残っていたので、梨状筋を触診すると硬さが見られたので、梨状筋もリリースをしました。

梨状筋は坐骨神経と密接な位置にあるので、筋肉の緊張で神経圧迫が起こり、お尻からもも裏の痛みが出ているのではないかと考えられました。

リリース後にもも裏の痛みも感じなくなっていました。

痛みが緩和したので、血流改善を目的に臀部にハイボルテージ療法を行いました。

一回の施術で痛みを全部取ろうとするとかえって筋肉を痛めることがあるので、3日後にもう一度来てもらうようにしました。

3日後来院された際は、痛みがほとんどなくなっていました。

股関節の筋肉の硬さはまだあったので、そこをリリースするのと、仕事の合間や自宅でのストレッチを行なってもらうように指導しました。

長時間の運転やデスクワークで臀部の筋肉が硬くなり、ウォーキングでハムストリングなどの下肢の筋肉まで緊張され、今回の症状が起きたと考えられます。

痛みの原因は一つでない場合があります。

痛みを我慢すると悪化し、治るのに時間が必要になります。

坐骨神経痛でお悩みの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。