WEB予約
電話
アクセス
ライン予約
インスタグラム

症例

外反母趾

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は外反母趾についてご紹介いたします。

外反母趾とは?

足部の変形は加齢に伴い、発生率が増加します。

外反母趾はMTP関節(中足趾節間関節)で母趾が外反(外側に曲がる)した変形です。

痛みにより立ち上がりや歩行に障害が起こってきます。

外反母趾の原因

外反母趾が起こる原因として、以下のことが考えられます。

  1. 足底筋群の発達不足・退化
  2. 指上げ歩きでMP関節部分を打つけ、過剰仮骨が形成される
  3. 足趾が長い スポーツ障害の原因
  4. リウマチなど

足裏の特徴

外反拇趾は第1趾以外にも特徴があります。

第2.3趾の中足骨骨頭部に胼胝(タコ)ができる。

原因として、歩行時に拇趾で蹴れないことです。

長拇趾屈筋が有効な活動をできなくなってくるためです。

予防・運動療法

足趾の筋力不足が原因とされることがあるため、足底のトレーニングなどを行います。

足趾のじゃんけん 

足底筋肉のマッサージ

拇趾外転筋ストレッチ

テーピングや装具なども有効とされています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 高崎市在住 30代女性の妊娠中の腰痛

  2. 高崎市在住男子高校生のハムストリングス肉離れ

  3. 高崎市在住30代女性の首肩こり