ケガ

スポーツで起こるやすい怪我

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、スポーツで起こりやすい怪我をご紹介いたします。

スポーツ障害・外傷

各スポーツで起こりやすい怪我を紹介します。

野球

野球は肩関節や肘関節の障害が多く、相手との接触はないのでオーバーユースが原因となります。

肩峰下インピンジメント

上腕二頭筋長頭腱炎

SLAP損傷

胸郭出口症候群

上腕骨近位骨端線障害(リトルリーガー肩)

肘離断性骨軟骨炎(OCD)

肘頭疲労骨折

内側上顆炎

TFCC損傷

腰椎分離症

大腿部後面の肉離れ(ハムストリングス肉離れ)

サッカー

サッカーは下肢の怪我が多くなっています。

コンタクトスポーツのため打撲が多く、捻挫、肉離れも挙げられます。

鼠径部痛症候群(グローインペイン)

膝前十字靭帯損傷

半月板損傷

内側側副靭帯損傷

足関節内反捻挫

大腿部打撲

バレーボール

バレーボールはジャンプ動作が多いため、膝関節の外傷・障害が最も多くなっております。

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)

鵞足炎

膝前十字靭帯損傷

足関節外側靱帯損傷

筋筋膜性腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

バスケットボール

バスケットボールは非接触の競技となります。

ですが、接触は暗黙の了解となっているため、体力差が出る後半は外傷が発生しやすくなっています。

足関節捻挫

前十字靭帯損傷

アキレス腱断裂

第5中足骨疲労骨折(ジョーンズ骨折)

オスグッドシュラッター病

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

早期回復のため、ハイボルテージ治療、超音波治療も行えます。

ピラティスやスポーツの怪我予防・運動指導にアスレティックリハビリテーション(リハビリ)も行っています。

17号沿いのためアクセスが良く、高崎市倉賀野町・矢中・中居、藤岡市、玉村町、安中市からの患者さんもお持ちいたしております。

高崎トリニティ接骨院では、ぎっくり腰や寝違え、スポーツでの怪我に対する施術を行っています。

オステオパシー治療やハイボルテージ、超音波などを行い、早期回復・復帰に導くお手伝いをしています。

群馬県高崎市の【高崎トリニティ接骨院】公式HPこちらへ

ご予約はこちらへ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。