症例

高崎市在住の70代男性の背部痛

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。
今回は、70代男性の背中の痛みについての症例をご紹介いたします。

背部痛

男性は畑や田んぼ作業をしており、背中に痛みが出てきたようです。
背骨から少し離れたあたりに痛みを訴えており、身体を少し前傾にし作業をすると痛みがでてくるようです。
背骨の横には脊柱起立筋があります。
脊柱起立筋は背骨に近い内側から棘筋、最長筋、腸肋筋と3つの筋肉で構成されています。
今回の70代男性の方は腸肋筋に痛みが出ていました。
腸肋筋は体を横に倒し(側屈)、背骨を反らす(伸展)作用のある筋肉です。
田んぼや畑の作業は身体をかがめて、横に倒す事が多いため背中の痛みが出てきたのではないかと考えられます。

背部痛の治療例


体幹の回旋や側屈は動きにくく、痛みを伴っていました。
また、胸椎は円背(猫背)になっているため、脊柱起立筋が常にストレッチされている状態で、硬くなりやすくなっています。
横隔膜や胸郭の緊張を緩和させ、胸椎からのストレスを減らしていきます。
腸肋筋や最長筋、棘筋は筋膜リリースで筋緊張を取り除きます。
自宅では胸椎などの背骨に可動を出すようなエクササイズの指導とストレッチを行いました。

姿勢から背中の痛みは来ることが多いので、自宅でも姿勢を正したり、ストレッチは有効となります。

高崎トリニティ接骨院では、捻挫、打撲、肉離れだけでなく、産後調整・矯正、頭痛治療、腰痛治療を行っています。

早期回復のため、ハイボルテージ治療、超音波治療も行えます。

ピラティスやスポーツの怪我予防・運動指導にアスレティックリハビリテーション(リハビリ)も行っています。

高崎市倉賀野町・矢中・中居、藤岡市、玉村町、安中市からアクセスの良い高崎トリニティ接骨院にご相談ください!

高崎トリニティ接骨院では、ぎっくり腰や寝違え、スポーツでの怪我に対する施術を行っています。

オステオパシー治療やハイボルテージ、超音波などを行い、早期回復・復帰に導くお手伝いをしています。

群馬県高崎市の【高崎トリニティ接骨院】公式HPこちらへ

ご予約はこちらへ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。