WEB予約
電話
アクセス
ライン予約
インスタグラム

症例

高崎市在住の女子高校生の足関節捻挫

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、高崎市在住の女子高校生の足関節捻挫の症例をご紹介いたします。

足関節捻挫

バスケの練習中、ドリブルをしているときに相手を抜こうとした際、足首を内側(内反)に捻ってしまいました。

何度か足首を捻挫したことがあり、今回は痛みは強くなかったようですが、歩いたり、走っている際に不安定感があり、捻挫をしそうな恐怖感があるようでした。

痛みは足関節外側の前距腓靭帯にあり、内反ストレステスト陽性でした。

また、前方引き出しテストも左右差があり、患側に緩みが強くありました。

腫脹は靱帯付近に少し診られました。

足関節捻挫の治療例

患部の腫れなどの炎症症状にはハイボルテージ治療を行いました。

何度も捻挫をしているため、足関節背屈の可動域低下や片足立位のバランスが不安定になっていました。

背屈可動域は下腿後面の筋肉(長拇趾屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋)が影響しているので、タイトネスが診られた長拇趾屈筋のリリースを行いました。

長拇趾屈筋がタイトネスだと拇趾に力が入りにくくなります。

何度も捻挫を繰り返す原因はタイトネスだけでなく、筋力低下が要因と考えられます。

怪我の初期は、患部に負荷のかからないトレーニングを行います。

足趾筋力強化、足関節が内反しないように外返しトレーニング(腓骨筋強化)を行いました。

患部の痛みがなくなり、受傷後2週からバランストレーニングを行い、再受傷を防ぐようにトレーニングをしていきます。

バスケで痛めたので、カッティング動作やステップ動作を行い、捻挫を起こしにくい使い方を習得していきます。

捻挫は繰り返すと関節が変形することもあります。

痛みがなくなったら、治療を終えるのではなく、柔軟性、筋力強化、バランス改善など競技復帰に向けた、リハビリをしっかりと行いましょう。

高崎トリニティ接骨院では、ぎっくり腰や寝違え、スポーツでの怪我、産後に対する施術を行っています。

オステオパシー治療やハイボルテージ、超音波などを行い、早期回復・復帰に導くお手伝いをしています。

お困りの方は高崎市倉賀野・中居・矢中からすぐの高崎トリニティ接骨院にご相談ください。

群馬県高崎市の【高崎トリニティ接骨院】公式HPこちらへ

ご予約はこちらへ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 高崎市在住20代女性妊娠中の腰の痛み

  2. 高崎市在住 30代女性の妊娠中の腰痛

  3. 高崎市在住男子高校生のハムストリングス肉離れ