症例

高崎市在住中学生の大腿部打撲

高崎市倉賀野町にある、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、高崎市在住の中学生の大腿部打撲の症例を紹介します。

大腿部打撲

男子中学生は、サッカーの試合中に相手と接触し、大腿部前面を打ってしまいました。

打撲は軽視されやすい怪我です。

ですが、処置を誤ったり、何もしないと重大な症状になりかねないので、気をつけなければいけません。

打撲の初期処置

打撲をしてしまったすぐにしていただきたいのが、患部を伸長させることです。

今回の大腿部前面を打ったパターンだと、前腿を伸ばすストレッチの様な姿勢になります。

そのストレッチ肢位のまま、圧迫を加えます。

アイシングは痛みが強い場合のみ行います。

現在は、極力アイシングを避けて、組織の修復を促すのが優先となっております。

アイシングを行う場合は、時間を考慮するなどの工夫が、早期回復につながります。

大腿部打撲の治療例

患部のストレッチと初期は表面の皮膚に対してリリースをし、腫れの消失を狙っていきます。

超音波治療とハイボルテージで血行改善、腫脹抑制も行っていきます。

一週間から二週間で腫れや痛みが消失してきます。

処置を行っていない場合、腫れが長引き半年かかる場合もあります。

打撲だからと甘く見ずに、しっかりと治療、処置をしていきましょう。

高崎トリニティ接骨院では、ぎっくり腰や寝違え、スポーツでの怪我に対する施術を行っています。

オステオパシー治療やハイボルテージ、超音波などを行い、早期回復・復帰に導くお手伝いをしています。

お困りの方は高崎市倉賀野・中居・矢中からすぐの高崎トリニティ接骨院にご相談ください。

群馬県高崎市の【高崎トリニティ接骨院】公式HPこちらへ

ご予約はこちらへ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。