こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 膝の内側に痛みがある
  • 階段を降りると痛みがある
  • ジャンプの着地が痛い
  • 膝の内側を押すと痛みがある

鵞足炎は膝の内側約5cm下辺りの骨に痛みが出ます。

鵞足とは脛骨というすねの骨の内側にあり、半腱様筋、縫工筋、薄筋の3つの筋肉が鵞足に付着しています。

この部位に炎症を起こしている状態を鵞足炎と呼びます。

鵞足炎の原因

  • 半腱様筋、縫工筋、薄筋の柔軟性低下
  • お尻の筋力低下
  • 坂道でのランニング
  • ランニングやジャンプ動作で膝が内側に入る

上記のようなことが原因として挙げられます。

特に誤った動きにより、縫工筋・薄筋・半腱様筋が鵞足を牽引するストレスにより、炎症が起こると考えられます。

階段やランニング動作により鵞足炎になる人が多いです。

スポーツでは、バスケ、野球、陸上、テニス、サッカーなどに多いとされています。

鵞足炎に対する高崎トリニティ接骨院の治療

痛みの出る動作の確認や半腱様筋、縫工筋、薄筋の柔軟性をチェックします。

痛みの出る原因となっている筋肉が分かれば、その筋肉に筋膜リリースやストレッチを行います。

お尻の筋肉が硬くなると歩行動作などで膝が内側に入りやすくなるので、お尻の筋肉も緩めていきます。

スポーツ選手の場合は、スクワットやランジでエラー動作を確認し、痛みを出す動作を修正していきます。

痛みを取るだけではなく、正しい身体の使い方を学び、痛みが再発しないようにしていきます。

また、テーピングを行い、スポーツ復帰の手助けも行っています。

鵞足炎でお悩みの方は、高崎トリニティ接骨院にお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス