高崎トリニティ接骨院

症例

高崎市在住40代男性の股関節の痛み

高崎市倉賀野町にある、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、高崎市在住の40代男性の左股関節の痛みについて、ご紹介します。

股関節痛

患者さんは靴下を履く動作で痛みが出てきて、来院をされました。

元々違和感が出ており、痛みが徐々に強くなってしまったようです。

痛みの出る動作は、股関節屈曲、股関節内旋、開排や日常動作としては靴下を履く、あぐらがあげられました。

痛みの出る部位は股関節の前面から後面にかけて広範囲で出ておりました。

学生時代にスケート競技をしており、違和感が出る前までは趣味でロードバイクに乗ってサイクリングをしていたようです。

どちらの競技も股関節屈曲位で行うスポーツです。

股関節に付着する筋肉は様々あります。

腸腰筋

内転筋群

中殿筋

小殿筋

大腿筋膜腸筋

梨状筋

恥骨筋

大腿四頭筋

などが挙げられます。

これだけの筋肉があるので、どこかの筋肉に筋力低下や滑走不全が起こると、周りの筋肉にも負荷が出てきます。

筋力のチェックもすると股関節外転・外旋筋力の低下がみられました。

レントゲン等の検査はできていませんが、股関節のインピンジメントが考えられました。

股関節の痛みの治療例

股関節周囲の筋肉である、外閉鎖筋や小殿筋等の筋膜リリースや滑走を出すストレッチを行いました。

外閉鎖筋は股関節の痛みにとても重要な部位になります。

股関節を捻じりながら走行しているため、硬くなると股関節の安定化が失われてきます。

セルフで緩めるのが、難しい筋肉なのでしっかりと治療が必要です。

筋力低下が起きている、股関節外転・外旋の筋力トレーニングも行いました。

股関節可動域が低下しているので、痛みを出さない範囲でのトレーニングをし、柔軟性が出たところを滑走性を出すようにしました。

股関節は常に荷重のかかる関節になります。

そのため、マッサージやストレッチで筋肉を緩めるだけでなく、筋力をつけ、安定性を出すことが必要になります。

また、正しい動作で行わないと痛みを増強させるので、確認してもらいトレーニングを行ってください。

その後3回ほどの治療と自宅でのトレーニングで痛みは改善してきました。

高崎トリニティ接骨院では、ぎっくり腰や寝違え、スポーツでの怪我に対する施術を行っています。

オステオパシー治療やハイボルテージ、超音波などを行い、早期回復・復帰に導くお手伝いをしています。

お困りの方は高崎市倉賀野・中居・矢中からすぐの高崎トリニティ接骨院にご相談ください。

院長の写真

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長 松田 諒

資格: 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、マットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

スポーツトレーナー活動や接骨院、整骨院、整形外科に7年勤務し、令和5年に高崎市倉賀野町にて開業いたしました。
皆様の身体のお悩みの解決を手助けできるよう施術しております。