高崎トリニティ接骨院

症例

高崎市在住20代女性の産後の恥骨部痛

高崎市倉賀野町にあります、高崎トリニティ接骨院です。

今回は、産後から恥骨の痛みに悩んでいた患者さんの症例をご紹介します。

恥骨部痛

患者さんは産後すぐから恥骨の痛みがあり、ご自分でストレッチをしていても痛みが変化せず、ご紹介で来院されました。

日常生活では、大きな問題はないようですが、開脚をすると痛みがありました。

左の股関節を動かすと痛みがあり、反対の股関節を動かしても痛みは出ませんでした。

妊娠すると赤ちゃんを支えるために、骨盤の骨と骨が少しずつ広がり、恥骨部も広がってきます。

出産後に徐々に広がった骨盤が元に戻りますが、恥骨部には内転筋が付着しており、筋肉の癒着があると、恥骨部の距離がなかなか戻らず、恥骨部に痛みを生じる場合があります。

内転筋を伸張させると痛みが再現されました。

そのため、内転筋が原因で恥骨に痛みが出たのではないかと考えられました。

恥骨部痛の施術

内転筋の硬さが恥骨部に近い部分にありました。

そこを筋膜リリースしました。

筋肉を緩めた後に、圧迫を加えながらストレッチを行うように施術しました。

臀部の筋肉が骨盤にも影響を与えるので、殿筋のリリースも行いました。

施術後に開脚をしてもらうと痛みがほとんどなくなっていました。

筋肉が癒着をしている時にストレッチをしても固まっている部分が伸ばされず、柔らかい部分だけが伸びてしまいます。

そのため、効果があまりないままストレッチをしていることになるので、施術をしてからのストレッチが効果的です。

産後の腰痛、恥骨部痛などでお困りの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

キッズスペース完備のため、お子様連れでの施術も行えます。

院長の写真

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長 松田 諒

資格: 柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、マットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス

スポーツトレーナー活動や接骨院、整骨院、整形外科に7年勤務し、令和5年に高崎市倉賀野町にて開業いたしました。
皆様の身体のお悩みの解決を手助けできるよう施術しております。