顎関節症

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 口を開けると顎が痛い
  • 口を開けると音がする
  • 口を大きく開けられない
  • 歯ぎしり、食いしばりをしている

顎関節症とは?

顎関節症は顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節音、開口障害もしくは運動の異常などの症状が出ます。

顎関節症は、4つの病態に分類されます。

  • 咀嚼筋痛障害(1型) 咀嚼筋(側頭筋・咬筋・内側翼突筋・外側翼突筋)、顎二腹筋、胸鎖乳突筋に痛みを感じます。
  • 顎関節痛障害(2型) 滑膜・関節包・靱帯の炎症や損傷
  • 顎関節円板障害(3型) 関節円板の転位、変形や滑膜の変性、繊維化
  • 変形性顎関節症(4型) 顎関節を形成する骨に変形をきたす

顎関節症の原因

  • 日常的な習慣
  • 食事
  • ストレス
  • スポーツ
  • 外傷

日常的な習慣

頬杖や携帯電話を肩で挟むことや就寝時に歯ぎしり、食いしばりが原因で咀嚼筋の緊張や顎関節のズレが生じます。

食事

硬いものを好んだり、ガムを噛む、片側で噛むなどの事があると顎関節症を発症することがあります。

ストレス

精神的緊張、不安、抑うつがあると噛みしめる筋肉の疲労や緊張が起こり、顎関節のバランス不良が起こります。

スポーツ

コンタクトスポーツやウエイトトレーニング、球技スポーツ(野球、ソフトボール、テニス)などのスポーツでは、接触による顎の強打により、炎症が起こります。

また、力を入れる際に、食いしばりで咀嚼筋の緊張が起こります。

外傷

交通事故、打撲、転倒などにより起こる場合もあります。

原因は1つという場合だけではなく、積み重なって発症することがあります。

また、身体の捻じれによって、顎へかかるストレスが増えて痛みを発症することもあります。

顎だけの問題と考えず、体幹・下肢・首の痛みや不調が原因となるので、全身を見ていくことも必要です。

顎関節症に対する高崎トリニティ接骨院の施術

顎関節症が起こる原因を追究していきます。

歯科的、内科的、整形的、精神的の原因があるかを問診で伺います。

痛みの部位、痛みが起こる時間帯があるか評価を行い原因を探していきます。

首や背中の捻じれが起こっている場合は、顎の治療だけでなく、全身の治療をし、姿勢改善を行っていきます。

また、自宅でのケアの方法もお伝えします。

痛みが強い場合は、疼痛部位に対して電気療法や超音波治療も行っていきます。

顎関節症でお悩みの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス