こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ボールを投げると肩に痛みが出る
  • 投げようとすると肩が引っかかる
  • 練習を休んでも再開すると痛みが出る
  • 全力投球できない
  • 痛みで肩が上がらない

野球肩は繰り返す投球動作によって、肩関節周囲の組織が損傷されて、痛みを生じる障害の総称です。

肩関節前方では、肩甲下筋、上腕二頭筋長頭腱、棘上筋、前方関節包を損傷します。

後方では、後方関節包、関節唇、ベネット骨棘、上腕三頭筋長頭起始部などが損傷します。

野球肩の原因

野球肩が起こる原因は様々あります。

肩関節だけの問題ではなく、下半身や体幹の影響・投球フォームなどの多岐にわたります。

  • 肩関節可動域低下
  • 肩関節周囲の筋力低下
  • 体幹、下肢の筋力低下・柔軟性低下
  • 不適切な投球フォーム

肩関節可動域低下

野球選手は投球動作の繰り返しにより、肩関節後方にある三角筋や上腕三頭筋、インナーマッスルと呼ばれる棘下筋、小円筋の伸張性低下が認められます。

肩関節周囲の筋力低下

インナーマッスル(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)の筋力低下が起こると、肩甲骨と上腕骨の位置異常が起こり、関節にかかるストレスが増大します。

ボールリリース時に肩甲下筋を使い、フォロースルー時には肩関節に牽引力がかかるが、小円筋や棘下筋などの肩関節後方組織で位置を固定しようとするが、筋力低下により安定性が失われる。

体幹、下肢の筋力低下・柔軟性低下

投球動作は上肢の動きだけでなく、下半身で重心移動を行い、体幹の伸展・回旋動作で力の伝達を行っています。

股関節の筋力低下、柔軟性低下により肩関節や肘関節の負担が大きくなり、オーバーワークが起こりやすくなる。

不適切な投球フォーム

特に学童期は投球フォームの影響で肘や肩を痛めることが多い。

高校生以上は球速が上がり、不適切な投球フォームの場合、筋肉・腱・靱帯・関節にかかる1球ごとのストレスが増えてくる。

チェックするポイントは、

  • ワインドアップ時にまっすぐ立てるか?
  • ボールリリース時に両肩のラインに対して、肘の位置が低くないか
  • 身体の開きが早くなっていないか
  • フォロースルー時にステップ脚(踏み込んだ足)に体重が乗っているか

痛みが改善しても投球フォームが改善しないと、痛みが繰り返すことがあります。

野球肩に対する高崎トリニティ接骨院での施術

野球肩が起こる原因に対して評価を行います。

  • 関節可動域
  • 肩甲骨や四肢のアライメント評価
  • 筋力
  • 筋緊張
  • 圧痛
  • 動作評価
  • テイクバック
  • 肩関節最大外旋(MER)
  • 投球フォーム

などの検査をしていきます。

手技治療やハイボルテージ、マイクロカレント、超音波治療で患部の疼痛緩和、組織の修復をしていきます。

また、患部外で異常部位が見つかれば、可動域や筋力強化も行っていきます。

野球トレーナー経験を活かし、投球フォーム指導やトレーニングを行っています。

痛みの治療だけでなく、根本原因にもアプローチすることにより、再発予防・パフォーマンス向上を行っていきます。

野球肩の痛みでお悩みの方は高崎トリニティ接骨院へご相談ください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス