こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ボールを投げると肘の内側が痛い
  • 肘の曲げ伸ばしができない
  • 肘がズキズキ痛む
  • 肘が痛くごまかしながら投げている

野球肘は投球動作の繰り返しによって野球選手の肘関節に起こる障害の総称です。

肘関節の内側では、上腕骨内側上顆炎骨端線離開尺側側副靭帯損傷肘部管症候群が生じます。

肘関節外側では、離断性骨軟骨炎関節ねずみが生じます。

肘関節後方では、上腕三頭筋腱炎肘頭骨端核異常骨端線離開肘頭骨折などを生じます。

野球肘の原因

  • オーバーユース(使いすぎ)
  • 投球フォーム不良
  • 肘関節の可動域制限
  • 肘関節の筋力低下

オーバーユース(使いすぎ)

繰り返しの投球動作により、肘にかかるストレスが蓄積します。

少年野球では、筋力や肘の骨の成長段階のため投球数が多くなるほど、怪我のリスクが高くなります。

特に中学野球まではピッチャー、キャッチャーを兼任することが多く、1日の投球数が選手により偏ってしまうことがあります。

投球フォーム不良

肘下がり(両肩のラインに対して、肘が低くなる)や手投げなどの不良なフォームで投球動作を行うと、肘関節にかかる負担が大きくなってきます。

肘関節の可動域制限

上腕三頭筋や上腕二頭筋の緊張により、肘の曲げ伸ばしに制限が起こります。

肘関節外側筋群の筋緊張では、肘関節が外反し、肘関節内側の伸張ストレスが増大してしまいます。

また、筋肉が緊張することにより、結果的に投球フォームを崩してしまう原因にもなります。

肘関節の筋力低下

肘関節は投球動作において、力を伝達する中継地点の役割があります。

胸郭や肩関節、肘、手関節の一連の動きにより投球動作が行われます。

肘関節の筋力が低下すると別の部位で動きをカバーすることがあり、結果的に投球フォームの不良がおこります。

また、筋力低下により、関節の安定性が低下し、尺側側副靭帯損傷を起こします。

野球肘に対する高崎トリニティ接骨院での施術

肘関節に痛みを出している原因は様々なため、肘関節だけでなく肩関節、胸郭、体幹、下半身など全身の評価をします。

  • 関節可動域
  • 肩甲骨や四肢のアライメント評価
  • 筋力
  • 筋緊張
  • 圧痛
  • 動作評価
  • テイクバック
  • 肩関節最大外旋(MER)
  • 投球フォーム

などの検査をしていきます。

問題となった部分が肘の痛みにどう影響を与えているかを理解していただき、施術をしていきます。

手技治療やハイボルテージ、マイクロカレント、超音波治療で患部に対して施術していきます。

肩・胸郭などの可動域も向上させていきます。

野球トレーナー経験を活かし、投球フォーム指導やトレーニングを行っています。

痛みの治療だけでなく、根本原因にもアプローチすることにより、再発予防・パフォーマンス向上を行っていきます。

練習開始までの計画を立てて施術、投球数管理も行っています。

野球肘の痛みでお悩みの方は高崎トリニティ接骨院へご相談ください!

ご予約はこちらから!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス