こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 足首を捻り、くるぶしの周りが腫れている
  • 捻挫を何度も繰り返し、くせになっている
  • 足をついて歩けない
  • 昔痛めたところが痛み出した

足首の捻挫はスポーツや日常生活など様々な状況で発生する怪我です。

主に足首を内側(内返し)に捻った際に発生します。

足首の外側には前距腓靭帯・踵腓靱帯・後距腓靱帯があり、それらの靱帯が損傷していきます。

内側にも靱帯があり、内側を痛めると治癒までの期間が長くなります。

足関節捻挫の原因

  • スポーツ中にバランスを崩す
  • 足首の柔軟性不足
  • 捻挫後のリハビリをしていない

スポーツ中にバランスを崩す

バスケやサッカーなどのスポーツでは、対人競技のため、相手の動きに応じて足を動かしていきます。

ステップやターン時に足を引っかけてしまい、捻挫をすることがあります。

足首・膝関節・股関節のラインをそろえて動かせるよう動作の習得をしていくと捻挫の予防になります。

足首の柔軟性不足

足首には、たくさんの筋肉があります。

特にふくらはぎの筋肉が硬くなると捻挫を起こしやすくなります。

長拇趾屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋は足首を内側に向ける作用があるため、これらの筋肉が硬くなると捻挫をしやすい方向に足首が向いてしまいます。

歩いているだけでも捻挫をしてしまうのはふくらはぎの筋肉が原因と考えられます。

捻挫後のリハビリをしていない

足首の捻挫は再発しやすい怪我です。

柔軟性・バランス・筋力・スポーツ動作などが良くならないと捻挫を繰り返してしまいます。

一度捻挫をし、靱帯を損傷するとバランス感覚が低下します。

捻挫後治療をし、痛みがなくなっていきなり試合に出たりすると怪我のリスクは高くなります。

炎症を早期に改善することと、並行してトレーニングやストレッチを行っていくことが重要となります。

足関節捻挫に対する高崎トリニティ接骨院での施術

足関節捻挫は受傷してから早期に施術を行わないといけません。

初期の対処ができていないと、痛めた靱帯が緩んだままになってしまったりします。

怪我後すぐは、患部の炎症を抑えるために、アイシングが必要な場合があります。

マイクロカレント(電気療法)や超音波治療器でも炎症症状を抑える効果があるので、受傷後すぐは物理療法等を連日行うことをオススメしております。

受傷時に、筋肉が硬くなったり、骨の位置異常が起こります。

それらを手技療法で改善させることにより、再発防止にもなりますし、早期回復にもつながります。

炎症症状が落ち着いてきたら、足関節の可動域を出すためにストレッチやチューブを使用した筋力強化、バランストレーニングを状態を見ながら、リハビリ計画を立て行っていきます。

足関節捻挫は繰り返し怪我をしてしまうので、リハビリを継続的に行っていきましょう。

足関節捻挫でお困りの方は、高崎トリニティ接骨院へご相談ください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス