こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 膝の前面に痛みがある
  • スポーツ中に痛みが出る
  • 膝が腫れている
  • 膝のお皿の下を押すと痛い
  • 膝を曲げ伸ばしすると痛い

膝蓋腱炎は一般的にジャンパー膝としても知られています。

膝の前面にある膝蓋腱(膝蓋骨から脛骨粗面に伸びる靭帯)に炎症が生じる状態です。

これはスポーツ選手(バスケ、バドミントン、バレーボール)に多い障害です。

膝蓋腱炎は痛みや不快感を引き起こし、運動や日常生活に支障をきたすことがあります。

膝は、大腿骨(腿の骨)、脛骨(すねの骨)、膝蓋骨(膝の前面にある骨)が結合し、靭帯、軟骨、筋肉などが関与しています。膝蓋腱は膝蓋骨から脛骨に伸び、膝の安定性と機能に重要な役割を果たしています。

膝蓋腱炎の原因

膝蓋腱炎の原因は以下の通りです。

  • 過度な使用(オーバーユース)
  • 姿勢の問題
  • 筋力不足
  • 誤ったスポーツ動作

 過度な使用(オーバーユース)

過度な運動、特にジャンプ、ランニングなど、膝にストレスがかかる運動が膝蓋腱炎の原因となることがあります。

姿勢の問題

足のアライメントの問題や膝の適切な位置の欠如が、膝蓋腱に過度の圧力をかけ、炎症を引き起こす原因となることがあります。

筋力不足

臀部の筋肉が弱いと、膝に余分なストレスがかかりやすくなり、膝蓋腱炎のリスクが高まります。

誤ったスポーツ動作

膝蓋腱炎はジャンプ系のスポーツに多く発症します。

ジャンプの着地で膝関節優位に動かすと痛みが出やすくなります。

股関節を使った動作を行えば、大腿部の筋肉や膝関節に負担が少なくなります。

リスク要因

膝蓋腱炎のリスクを高める要因には以下が含まれます。

スポーツ

ジャンプやランニングなどの高負荷のスポーツを行う人は、膝蓋腱炎のリスクが高まります。

年齢

若い人と比較して、年齢が上がると筋肉や靱帯、腱などが硬化しやすくなっていくため、膝蓋腱炎のリスクが増加する傾向があります。

体重

過体重や肥満は、膝に負荷をかけ、膝蓋腱炎の発症リスクを増加させる可能性があります。

膝蓋腱炎に対する当院での施術

当院では、膝蓋腱炎を起こしてしまった原因を見つけていきます。

痛い部分にだけ、施術をしても原因を改善させないと再発をしてしまいます。

骨盤・股関節・足部の可動域や筋力、歩行・スクワット・ランジなどの動作による問題があるか評価していきます。

骨盤、股関節、足部に異常があると、バランスが悪い状態でスポーツをしていることになるので、下肢全体の動きを改善し、膝蓋腱にかかる負担を減らしていきます。

ハイボルテージ治療や超音波治療で膝蓋腱の炎症を抑え、血流増加を促し回復を早めていきます。

炎症が強い場合、マイクロリカバリーパッチという微弱電流が流れるシールを貼り、接骨院に来ていないときでも、身体の修復をしていきます。

テーピングで固定、圧迫することにより、患部の動きを制限することにより、スポーツ復帰も可能です。

スポーツへの復帰には、正しいフォームや筋力強化、ストレッチを行い、再発防止もしていきます。

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)でお困りの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください。

ご予約はこちらから!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス