膝痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 長時間歩くと痛みがある
  • 動きはじめに痛みがある
  • 深くしゃがむと痛い
  • 階段の上り下りが辛い

膝の痛みは高齢者になれば、多い症状ですが、スポーツ選手や成長期の子どもにも起こる症状となります。

膝痛は鵞足炎、変形性膝関節症、腸脛靭帯炎、ジャンパー膝、半月板損傷、オスグッドシュラッター病など多くの疾患があります。

膝痛の原因

膝関節は大腿骨と脛骨、膝蓋骨の3つの骨で構成されている関節となります。

関節の特徴として、屈曲(膝を曲げる)と伸展(膝を伸ばす)そして、わずかに回旋運動を伴います。

前後方向には重心制御が可能ですが、横方向の重心は苦手となります。

股関節と足部で横方向の重心制御を補っています。

そのため、股関節や足部の筋力・柔軟性の低下が膝関節にかかる負担を大きくしていきます。

膝痛に対する当院の施術

どの部分に障害が起きているかを問診、評価で確認していきます。

痛みの部位やどの動作で痛いか、可動域、筋力等の検査をしていきます。

痛みが起きている原因が股関節や足関節という場合もあるので、ほかの部位が影響なのかも確認します。

股関節や大腿部の筋肉が問題の場合が多いので、筋・筋膜リリースを行っていきます。

可動域低下が起こっていると、関節の動きが低下しているので、ストレッチや筋力強化も必要になります。

膝の痛みでお悩みでしたら、高崎トリニティ接骨院へご相談ください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス