こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ランニング中、膝の外側が痛む
  • 体重をかけて膝の曲げ伸ばしをすると痛い
  • 膝の外側を押すと痛い
  • お尻の筋肉が張っている
  • ランニング中痛みがあるが、休むと落ち着く

腸脛靭帯炎は、ランニングをしている人に多いため、別名ランナー膝とも呼ばれています。

腸脛靭帯(ランナー膝)の原因

腸脛靭帯はお尻の筋肉から脛骨の外側まで走行しています。

膝関節付近の大腿骨の外側上顆というでっぱりと腸脛靭帯に摩擦作用がかかり炎症を起こします。

腸脛靭帯炎になる原因としては、

  • 股関節外転筋力が弱い
  • O脚
  • 腸脛靭帯の緊張が高い
  • ランニング・歩行時の下肢アライメント不良

などが挙げられます。

ランニングや歩行を中断すると痛みは一時的に消失しますが、原因を取り除かないと痛みは何度も繰り返します。

ご自分で痛みのでている周囲をゴリゴリマッサージすると腸脛靭帯と周りの筋肉が癒着し、悪化の原因にもなるので注意してください。

腸脛靭帯炎の当院での施術

高崎トリニティ接骨院では、問診で痛みの部位、原因を確認します。

徒手検査で股関節・膝関節の柔軟性・筋力を調べます。

歩行やランニング動作のチャックをし、痛みの起こる原因を見つけていきます。

柔軟性の低下している筋肉を筋膜リリースで緩めていき、超音波治療などで患部の組織の温度を上げ、動きやすい状態にさせます。

リハビリとして、お尻の筋力強化やストレッチも行っています。

ランニングや歩行動作指導も行っていきます。

腸脛靭帯炎でお困りの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市倉賀野町に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス