脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 歩くと脚にしびれ、痛みが出る
  • 腰を反らすと痛みがある
  • 症状が楽になる姿勢がある
  • 脚の筋力が落ちた

脊柱管狭窄症について

椎間板、関節、靱帯などに囲まれた神経が通るトンネルを脊柱管と呼ばれます。

加齢に伴い、椎間板の変性や椎間関節症、黄色靱帯の飛行などで脊柱管の狭窄が進行し、臀部から下肢に神経症状をきたします。

特徴として、間欠性跛行と言われる歩いていると痛み、しびれが出現し、休むと症状が緩和します。

腰を伸ばすと痛み・しびれが出現し、身体をかがめたり、座ると改善します。

整形外科では、腰の牽引や神経症状に対してビタミン剤や痛み止め、筋肉を弛緩させる薬を処方されたりします。

腰部脊柱管狭窄症の原因

  • 加齢
  • 力仕事など腰の負担が大きい作業
  • 腰を安定させる筋力の低下

加齢により筋力低下が起こり、不良姿勢が長年続くと背骨や椎間板、靱帯などの負荷が強くなります。

腰に負担がかかる力仕事やスポーツでも椎間板などの変性を引き起こすとされています。

高崎トリニティ接骨院での脊柱管狭窄症に対する施術

高崎トリニティ接骨院では、脊柱管狭窄症に対して、電気療法(ハイボルテージ)や筋膜リリース、インナートレーニング等を行っていきます。

痛みの強い時期は、筋肉の緊張を緩和させる手技やハイボルテージで、筋肉や神経への施術をしていきます。

脊柱管のスペースを広げる目的とした、ストレッチ指導や腰椎の安定性を保つためにインナーマッスルをトレーニングしていきます。

脊柱管狭窄症を放置していると筋力低下が起こり、ほかの痛みに繋がることもあるので、当院で早期に施術を行うことをオススメします。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス