WEB予約
電話
アクセス
ライン予約
インスタグラム

肩こり

こんなお悩みありませんか?

  • 肩が辛くて吐き気がする
  • 肩が凝りすぎて頭痛がある
  • 朝起きた時から肩が重い
  • 仕事終わりに肩がバキバキ
  • デスクワークで姿勢が悪い

首筋から首の付け根、背中にかけて張り感、重だるさなどの症状が出ます。
肩こりは、筋肉の緊張が起こり、血管が圧迫されて、血流が悪くなります。循環不全になり、痛みを出してしまいます。

肩こりの原因

  • 不良姿勢
  • 運動不足
  • なで肩
  • 長時間同じ姿勢
  • ショルダーバック
  • 首肩の冷え

不良姿勢

頭部は、約5kgあり、ストレートネックや猫背等の不良姿勢により首肩の筋肉にかかる負荷が増え、血流低下が起こり、肩こりの症状が起こります。また、首と頭を支える後頭下筋の緊張も増えるため、頭痛や眼精疲労を訴えることがあります。

運動不足

筋肉の緊張は運動不足によっても起こります。肩甲骨や肩周りの筋肉を動かすことによって、姿勢改善に繋がったり、筋肉の収縮が起こり、筋肉がポンプの役割を果たして、血流促進を行います。

なで肩

なで方の場合、僧帽筋や肩甲挙筋といった首から肩に走行する筋肉が過度に伸長してしまいます。筋肉が伸ばされすぎても、血流低下してしまうので、なで肩も肩こりの原因となります。

長時間同じ姿勢

デスクワークやスマートフォンの使用など長時間同じ姿勢をとることが増えています。同じ姿勢をしていると同じ筋肉を使っているので、肩こりの原因になります。適度に姿勢を変えたり、体操をすることをオススメします。

ショルダーバック・リュック

ショルダーバックなどベルトを肩にかけると筋肉や神経を圧迫し、癒着が起こり、肩こりが起こります。その場合、マッサージなどゴリゴリほぐす施術は悪化の原因になります。

首肩の冷え

冷房や気温が下がっている時に首周りが出る服装をしていると僧帽筋や胸鎖乳突筋の筋肉の温度が低下します。筋肉自体の温度が低下すると、柔軟性低下、血流低下、疼痛などが起こります。ネックウォーマーやマフラーを使用したり、シャワーで首元を温めるのが大切です。

肩こりに対する高崎トリニティ接骨院の施術

カウンセリングや評価・触診を行い、肩こりの原因をチェックします。仕事内容、頚椎の側屈、回旋、前後屈、肩、肩甲骨の可動性や姿勢チェック、筋緊張を調べます。
特に姿勢チェックが重要となります。
耳の穴、肩、股関節、膝、足首のポイントが同じラインにあるか確認します。
ストレートネック、猫背といった不良姿勢が起こっていないか施術前後に確認しています。
硬くなった首、肩、肩甲骨、背中の筋肉にアプローチしていきます。
骨盤、腰椎からの姿勢不良の場合もあるので、それらの可動域を促す施術、運動療法も行います。
ご自宅や職場で行える体操の指導もしています。

肩こりでお悩みの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス