こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 走っている際、ブチっと鳴った
  • 急な動作で痛みが出た
  • ストレッチで筋肉を伸ばしすぎた
  • スポーツ中に痛みが出た

肉離れは多くの部位に起こります。

大腿後面(ハムストニング)、大腿前面(大腿四頭筋)、ふくらはぎ(腓腹筋)、腹斜筋などの筋肉が肉離れを起こしやすい部位です。

筋肉の損傷度により、痛みの改善する時期は変わるので、正しい処置や施術、リハビリをしないと再受傷の危険があります。

肉離れの損傷度は以下のようになります。

1度(軽症)

 微小な損傷。筋膜に大きな断裂がなく、筋繊維が引き伸ばされた程度。圧痛のみの場合が多い。

2度(中等症)

 部分断裂。筋肉、筋膜の一部が断裂している状態。皮下出血、圧痛、陥凹が見られる。自立歩行できるが、痛みにより困難を伴う。

3度(重症)

筋繊維の広範囲な断裂や筋膜の断裂。外観上でへこみが確認でき、非常に強い痛みのため、自立歩行は不可能。場合によって、手術適応となる。

肉離れの起こる原因

肉離れはスポーツ中に起こりやすい怪我です。

サッカー・バスケ・陸上・野球・テニスなど急に動くもしくは、ストップ動作を行うスポーツで肉離れを起こします。

肉離れが起こる原因は、

  • ウォーミングアップ不足(筋温の上昇不足)
  • 筋肉の柔軟性低下
  • 筋肉バランス不良(ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力差)
  • 体内のミネラル低下(脱水)
  • 疲労がたまっている

などがあります。

一度肉離れをしていると再受傷しやすい怪我なので、まずは肉離れを起こさないこと、起こしてしまったら、しっかり治し再発しないようにする必要があります。

高崎トリニティ接骨院での肉離れの施術

まずは問診で受傷時の状況や原因を確認し、徒手検査で筋肉の状態を確認していきます。

アイシングや痛み・腫れを取るハイボルテージ治療、超音波治療を行います。

受傷後すぐは患部外で硬くなっている筋肉を緩め、損傷部位に血流を良くして、自然治癒力を高めていきます。

炎症が落ち着いてきたら、損傷部位の筋肉の柔軟性や筋力を戻していく施術、筋力トレーニングをしていきます。

痛みがなくなれば終了の施術ではなく、再受傷しにくい状態まで導くようにしています。

肉離れの症状でお困りの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

ご予約はこちら!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス