坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 長時間座っていると太もも裏が痺れる
  • 腰をかがめるのが辛い
  • 歩くと痛みが出る
  • 痛みやしびれはあるが、レントゲンやMRIで異常なしと言われた
  • 薬や電気治療、牽引、マッサージをしたが変わらない

坐骨神経痛は腰から足に向かって伸びている「坐骨神経」が様々な原因で圧迫や刺激され、痛みや痺れの症状を出します。

坐骨神経痛の原因

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 長時間座り続ける

坐骨神経は通常、臀部の梨状筋の下を走行しています。

梨状筋が緊張してくると神経を圧迫することがあります。

また、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの場合は、腰椎の異常によって坐骨神経痛の症状を引き起こす場合があります。

坐骨神経痛に対する高崎トリニティ接骨院での施術

高崎トリニティ接骨院では、下半身や股関節、骨盤、腰椎に施術をし、坐骨神経にかかるストレスを改善させていきます。

坐骨神経周囲の筋膜リリースで神経圧迫を取り除いていきます。

ハイボルテージ治療で痛みの出ている部分の緊張緩和、除痛もしていきます。

状態が良くなっていったら、神経痛の悪化予防のためのエクササイズ指導もしていきます。

仕事や家事など日常生活で悪化をしないようにしていきましょう。

坐骨神経痛でお悩みの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス