WEB予約
電話
アクセス
ライン予約
インスタグラム

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 肩が痛く動かせない
  • 夜痛みで寝れない
  • 服を脱ぎ着するのが辛い
  • 注射や湿布をしているがなかなか改善しない
  • 突然肩が痛くなった

四十肩・五十肩について

肩関節周囲の筋肉や靱帯、関節包などの組織に炎症が起こり、スムーズに動かせなくなる症状を四十肩・五十肩もしくは肩関節周囲炎といいます。

特に40代以降の方に多くみられる症状です。

痛みの出現からの時間経過や怪我による場合など病態が大きく変わってきます。

急性期の場合は、痛みが強く安静が優先になりますが、放置をしていると関節が硬くなりスムーズに動かせなくなっていきます。

拘縮が起こらないような施術をしていく必要があります。

四十肩・五十肩の原因

不良姿勢

不良姿勢・同じ姿勢を長時間続けると筋肉にストレスがかかったり、血行不良、神経の圧迫が起こります。

肩関節だけでなく、背中や肩甲骨の可動域不良を起こさないような姿勢を取れるようにすることが大切です。

インナーマッスルの筋力低下、柔軟性低下

肩関節の動きで重要な筋肉が棘上筋、棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つです。

これらの筋肉が筋力低下や柔軟性低下が起こると肩関節の安定性が損なわれ、肩関節を動かすときに無理な使い方をしてそれが血行不良や筋肉の緊張を招き、四十肩・五十肩になる要因になります。

長時間横向きで寝る

就寝時に肩関節を下にしていると、強制的に肩が内側に入り長時間同じ姿勢を取り、筋肉の痙攣状態や血行不良が起こり、関節内圧が上昇し、痛みに繋がります。

肩関節が硬いまま放置

長期間肩関節が硬いままの状態を放置していると、徐々に肩関節の動き悪くなる場合があります。

動きが悪い状態になると、筋肉の伸張性が失われ、筋肉同士のすべりも悪くなり拘縮が完成され、長期間四十肩・五十肩に悩まされるパターンになります。

四十肩・五十肩のステージと施術

急性期

急性期は痛みや肩関節が動かせなくなり、数日の状態です。

症状は夜間痛や安静時痛など、痛みが強く肩を動かせないことがあります。

この時期は、安静姿勢を取れるような指導や疼痛除去が優先になります。

ハイボルテージ治療や超音波治療などで疼痛除去、浮腫の除去をしていきます。

また、肩関節が痛みで動かせない場合、腰椎や胸椎など周りの関節の動きを促し、負担を減らしていくような施術もしていきます。

亜急性期

症状が起こり、4週間までの場合、急性期が過ぎ筋肉、靱帯などの組織が修復過程で炎症が落ち着いている状態です。

この時期は筋肉の癒着が不完全なので、施術によって関節の可動域が改善しやすい状態です。

施術は筋肉の癒着を取り除くための筋・筋膜リリースや関節を動かしていく施術をしていきます。

ご自宅でのリハビリも必要な時期なのでインナーマッスル強化やストレッチの指導も行っていきます。

慢性期

痛みが出てから1カ月以上経過していて、肩関節の動きが制限されている場合が高いです。

炎症はほとんどないことが多く、関節可動域改善の施術をしていきます。

また、長期間の拘縮の場合、神経が原因となる場合もあるので、神経に対する施術も必要となります。

四十肩・五十肩の予防

適度なストレッチや運動

筋肉・関節を定期的に動かすことにより、血行不良や柔軟性低下を防げます。

姿勢を気を付ける

デスクワークや家事で猫背にならないように意識をすることも大切です。四十肩・五十肩以外にも腰痛・肩こりなどの対策にもなります。

四十肩・五十肩でお悩みの方は高崎トリニティ接骨院へお越しください。

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス