ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 親指を広げると痛い
  • 赤ちゃんを抱っこすると痛い
  • 物を持つと痛みを感じる
  • 親指から手首のあたりが腫れている

ドケルバン病とは?

ドケルバン病は、親指にある短母指伸筋と長母指外転筋の両方の腱が通る腱鞘に炎症が起こっている状態です。

手の使いすぎにより、炎症を引き起こす腱鞘炎です。

ドケルバン病の原因

  • 親指や手首の使いすぎ
  • 女性ホルモンの影響

親指や手首を使うことが多いと腱と腱鞘にストレスが何度も加わり、炎症を起こすとされています。

最近は、スマートフォンの使用が増えて痛みが出ることもあるため、スマホ腱鞘炎と呼ばれることもあります。

料理で包丁を使う、美容師でハサミを使う、テニスなどのラケットスポーツなどで炎症を起こす場合もあります。

女性の場合は、女性ホルモンの影響でドケルバン病になりやすい場合があります。

妊娠・出産時には、プロゲステロンが通常よりも多く分泌されます。

プロゲステロンは腱鞘を収縮させる作用があります。

腱の通り道が狭くなり、腱の滑走が悪くなり炎症を起こすことがあります。

更年期もドケルバン病になりやすいとされています。

更年期は、エストロゲンと呼ばれるホルモンの分泌が低下し、髪や肌の潤いや腱の動きが低下しやすくなります。

家事や育児で手を酷使しますが、ホルモンの影響もありドケルバン病になりやすいとされます。

ドケルバン病に対する高崎トリニティ接骨院での施術

当院では、手技・物理療法・テーピング等の固定などを行っています。

ドケルバン病の検査方法として、

フィンケルシュタインテスト:親指を握り、手首を小指側に曲げる

痛めている部分だけでなく、前腕や肩周りの可動性を改善し、手に送る血液循環を良くしていきます。

超音波治療やハイボルテージ治療で患部の炎症症状を緩和していきます。

テーピングでの安静も必要となる場合があります。

炎症が強い場合は安静にさせるため、テーピングで患部を極力動かさないようにしていきます。

炎症が落ち着いてきてから、ストレッチの指導も行い、筋肉の緊張を緩和していきます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)でお困りの方は、高崎トリニティ接骨院にご相談ください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス