シンスプリント(脛骨過労背骨膜炎)

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • スネを押すと痛みがある
  • スポーツ中・後に痛みが出る
  • ランニングやジャンプ系のスポーツをしている
  • 偏平足がある
  • 練習がハードになっている

シンスプリントは、スネ(脛骨)の内側に痛みが生じる怪我です。

シンスプリントはオーバーユース障害の1つで、繰り返しのランニングやジャンプ動作で発症しやすい障害です。

スポーツ後やスポーツ中に脛骨中央から遠位⅓辺りを中心に痛みが起こる過労性の障害のため、過労性骨膜炎とも呼ばれます。

シンスプリントの原因

  • オーバーユース
  • ふくらはぎの柔軟性低下
  • 下肢の形態異常
  • 練習環境の問題

オーバーユース

運動量・強度・時間が過度になると怪我が発生しやすくなります。

陸上選手の場合、トラックを反時計回りに同じ方向で走ることが多いため、同じ筋肉がずっと使われることになります。

バスケなどのジャンプ競技は着地時にスネ(脛骨)中央部に衝撃を受け、繰り返しの衝撃で痛みを出しやすくします。

ふくらはぎの柔軟性低下

ふくらはぎには複数の筋肉があり、下腿三頭筋、ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋、長母指屈筋などがあり、脛骨の内側に筋肉が付着しています。

それらの筋肉が柔軟性低下によって、骨を覆う骨膜を牽引して損傷を起こし骨膜炎を起こすと言われています。

下肢の形態異常

O脚や偏平足があると、足部の負担が増加します。

また、偏平足があると足部のアーチが低下し、衝撃吸収能力が低下するため、筋肉への負担が増加していきます。

練習環境の問題

練習場所により、足にかかる負担が変わっていきます。

土や芝生は地面が柔らかいため、負担が少ないですが、コンクリートや人工芝は足にかかる衝撃が大きくなります。

練習量が少なくてもシンスプリントになることもあります。

シンスプリントに対する施術

当院では、シンスプリントを起こしてしまった原因を見つけていきます。

痛い部分にだけ、施術をしても原因を改善させないと再発をしてしまいます。

歩行、スクワット、ランジ動作を見て身体のどこが問題か調べていきます。

骨盤、股関節、足部に異常があると、バランスが悪い状態でスポーツをしていることになるので、下肢全体の動きを改善し、足にかかる負担を減らしていきます。

ハイボルテージ治療や超音波治療で筋肉や骨膜の炎症を抑え、血流増加を促していきます。

炎症が強い場合、マイクロリカバリーパッチという微弱電流が流れるシールを貼り、接骨院に来ていないときでも、身体の修復をしていきます。

テーピングでのサポートも行っています。

シンスプリントでお困りの方は、高崎トリニティ接骨院へお越しください!

執筆者:高崎トリニティ接骨院 院長  松田諒

接骨院・整骨院・整形外科での経験やトレーナー経験を活かし、高崎市に高崎トリニティ接骨院を開業。

資格;柔道整復師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、BESJマットピラティスインストラクター、クラシカルオステオパス